くるぶしの黒ずみケアに商品比較

くるぶしの黒ずみの原因

夏になるとサンダルを履くことがありますが、このときにくるぶしに黒ずみがあるとテンションが下がってしまうことがあります。
くるぶしの黒ずみの原因は古くなった角質です。
また足元は血行が悪くなりやすい場所でもあるため、血行不良も原因のひとつだと言われています。
くるぶしの黒ずみを予防、改善するためにはケアをすることが大切です。
まず血行不良が原因である場合には足元がむくんだり、冷えたりしやすいことが多いのでそれに当てはまる場合には血行を良くすることが大切です。
マッサージをしたりゆっくりと入浴などをして体を温めるようにしましょう。
古い角質の蓄積で起こっている場合には、古い角質を蓄積しないように清潔にすると言うのはもちろん大切なことですが、その他にも乾燥を防いで保湿を心がけることが大切です。皮膚に過剰な刺激を与えることで、角質が厚くなってしまうことがあります。
一度そのような状態になってしまうと、何度も繰り返して起こってしまうこともあります。
そのため日々のケアが大切で、保湿と潤いを与えるには美容クリームを使ってケアするのがおすすめです。
毎日のお風呂上りなどにクリームでマッサージしながら皮膚に潤い成分を与えて美しいくるぶしを目指しましょう。

くるぶしの黒ずみとメラニンに関係があるのか

夏場になると裸足になる機会も多くなるので、自然と足先、くるぶし部分に目が行きがちになるものですね。
そこで気になってくるのがくるぶし部分の黒ずみです。
この黒ずみ、見た目にも印象が悪いですし、出来ることなら早めに解消しておきたいものです。

 

この症状、一見汚れがたまっているのではと思われる人もいるかもしれませんが、実はそれだけが原因ではない場合があります。
それは毎日靴下や靴ずれによって肌が傷つけられ、自然と色素沈着、つまりメラニン色素がそこに溜まっていくことで引き起こされているケースもあるのです。
実はメラニンとくるぶし部分の黒ずみ深く関係しているのです。

 

では、この症状を改善していくには一体どうすればいいのでしょうか。
まず大切になってくるのが、その部分をできるだけ清潔にたもつことです。くるぶし部分はどうしても手入れが行き届かないことが多くなりますし、その分症状がより進行しやすくなってしまうのです。
日頃から手入れを徹底しておけば、そういった事態を避けることができますし、プラスで美白化粧品などを活用していけば、より確実にその症状を改善していくことができるのではないでしょうか。
もしも、気になる症状があるという人は試してみてください。

くるぶしの黒ずみと刺激に関係があるのか

くるぶしに黒ずみがあると、素足にサンダルのオシャレも楽しむことができません。
気が付いたら黒ずんでいたと、慌ててケアしてもすぐに解消するものではないようです。
これといって思い当たることがないのに、なぜくるぶしは黒ずんでしまうのでしょうか。

 

実は黒ずみは刺激と関係があるのです。黒ずみの原因はきちんと洗えていないからではなく、摩擦の刺激による色素沈着です。
座る時や靴で圧迫されたり擦れたりすると、それが黒ずむことにつながってしまいます。

 

黒ずまないように予防するには、とにかく刺激しないことです。
正座を頻繁にする人はくるぶしだけでなく膝も黒くなってしまうことがあります。
できれば直に座ることは避け、椅子に掛けた方が予防になるでしょう。

 

また、皮膚の汚れだと思ってゴシゴシと擦って落とそうとする人もいますが、これは絶対NGです。
洗うなというのではなく優しく洗うことが大切で、ナイロンタオルや垢すりなどは使わず柔らかいタオルか手を使い、良く泡立てた石鹸やボディソープで円を描くように優しく洗いましょう。

 

洗った後はしっかり保湿します。保湿効果のあるローションをたっぷりと使い、尿素配合のクリームや美白効果のある化粧品なども利用し、毎日しっかりとケアすることで徐々にきれいになっていくでしょう。

くるぶしの黒ずみとホルモンに関係があるのか

くるぶしは、日常生活を営んでいる上では意識することがないものの常に多大なる圧力がかかっている部位です。
靴下を着用している際には、常に靴下と摩擦が起きていますし、外出中であれば靴との摩擦も起こります。
こうした、度重なる摩擦を受けていることにより、肌の皮膚が硬く厚くなっていくことで黒ずみが目立つようになってきます。
このように、常に刺激を受け続けているような部位は肌の角質が厚くなり、ホルモンの働きに異常が起こる場合があります。
こうしたホルモンの働きが異常になったことで、皮膚の内部に存在しているメラニン色素が通常の肌の色より黒い色になってしまうというホルモンとの関係もあります。
黒ずみが気になる部位には、外用薬、または内服薬を使用することで改善を行うことが適しています。
内服薬と外用薬のどちらを使用して改善するとしても重要なのが、ビタミンCです。
外用薬の場合は、ビタミンCの成分が配合されている乳液などをくるぶしに塗りこむことで、徐々に黒ずみが薄くすることができます。
また、内服薬の場合はビタミンCの成分が配合されている栄養剤かサプリメントを使用することにより改善を見込むことが可能です。
どちらも継続することが大切です。

くるぶしの黒ずみケアはどうすれば良いのか

くるぶしの黒ずみは摩擦などの刺激によって、メラノサイトが活性化しメラニン色素を大量に生産して肌を刺激から守ろうとするためにできます。
靴下の摩擦や正座をして座る機会が多いと、度重なって力が加わるために黒ずみができやすくなります。
そして古くなった角質が重なりあって黒ずみとなります。
くるぶしの黒ずみを予防するためには刺激を与えないようゴシゴシこすったりはせずに保湿ケアを行い、マッサージなどで新陳代謝をよくして皮膚の生まれ代わりのサイクルを正しくすることが必要です。
できてしまった黒ずみケアの方法は、尿素配合などの角質をやわらかくする効果のあるクリームを使用するのが効果的です。
お風呂上りの肌は柔らかくなっているためより効果があります。
角質が溜まって固くなっている場合には、ピーリングなどでやさしくオフした後にオイルやクリームでしっかりと保湿します。
美白成分の入ったケア用品を使用するのも効果的ですが、くるぶしは皮脂腺や汗腺が少なくとても乾燥しやすいため、ボディ用のクリームなどよりもより保湿力のあるものを使用したほうが浸透しやすいため、黒ずみを早く解消することができます。
黒ずみケア専用のクリームなども販売されています。

更新履歴