くるぶしの黒ずみケアはどうすれば良いのか

くるぶしの黒ずみは摩擦などの刺激によって、メラノサイトが活性化しメラニン色素を大量に生産して肌を刺激から守ろうとするためにできます。
靴下の摩擦や正座をして座る機会が多いと、度重なって力が加わるために黒ずみができやすくなります。
そして古くなった角質が重なりあって黒ずみとなります。
くるぶしの黒ずみを予防するためには刺激を与えないようゴシゴシこすったりはせずに保湿ケアを行い、マッサージなどで新陳代謝をよくして皮膚の生まれ代わりのサイクルを正しくすることが必要です。
できてしまった黒ずみケアの方法は、尿素配合などの角質をやわらかくする効果のあるクリームを使用するのが効果的です。
お風呂上りの肌は柔らかくなっているためより効果があります。
角質が溜まって固くなっている場合には、ピーリングなどでやさしくオフした後にオイルやクリームでしっかりと保湿します。
美白成分の入ったケア用品を使用するのも効果的ですが、くるぶしは皮脂腺や汗腺が少なくとても乾燥しやすいため、ボディ用のクリームなどよりもより保湿力のあるものを使用したほうが浸透しやすいため、黒ずみを早く解消することができます。
黒ずみケア専用のクリームなども販売されています。