くるぶしの黒ずみの原因

夏になるとサンダルを履くことがありますが、このときにくるぶしに黒ずみがあるとテンションが下がってしまうことがあります。
くるぶしの黒ずみの原因は古くなった角質です。
また足元は血行が悪くなりやすい場所でもあるため、血行不良も原因のひとつだと言われています。
くるぶしの黒ずみを予防、改善するためにはケアをすることが大切です。
まず血行不良が原因である場合には足元がむくんだり、冷えたりしやすいことが多いのでそれに当てはまる場合には血行を良くすることが大切です。
マッサージをしたりゆっくりと入浴などをして体を温めるようにしましょう。
古い角質の蓄積で起こっている場合には、古い角質を蓄積しないように清潔にすると言うのはもちろん大切なことですが、その他にも乾燥を防いで保湿を心がけることが大切です。皮膚に過剰な刺激を与えることで、角質が厚くなってしまうことがあります。
一度そのような状態になってしまうと、何度も繰り返して起こってしまうこともあります。
そのため日々のケアが大切で、保湿と潤いを与えるには美容クリームを使ってケアするのがおすすめです。
毎日のお風呂上りなどにクリームでマッサージしながら皮膚に潤い成分を与えて美しいくるぶしを目指しましょう。